トカゲが餌を食べない・水を飲まない~トカゲ飼育.com

トカゲが餌を食べない・水を飲まない

   

トカゲ

トカゲが餌を食べない・水を飲まない

トカゲ飼育.com>>トカゲ飼育の疑問と雑学>>トカゲが餌を食べない・水を飲まない

トカゲトカゲが餌を食べなくなるときには、何かしらのの理由があります。まずはトカゲをしっかり観察してその原因をつきとめましょう。

考えられる事例をいくつかご紹介しますのでご自身の飼育されているトカゲと比較して検討して見てください。


餌を食べない

ただ単にお腹が空いていないだけなのかもしれません。

前回餌をあげたのはいつですか?昆虫食のトカゲでしたらだいたい2日に一度、マウスを食べるものなら週1回から2回、野菜や果実を食べるものには毎日と、トカゲの種類によって給餌頻度を変えなければなりません。

まずは、トカゲが本当に空腹なのかどうかを観察してみてください。

次に疑うべきは、体温がどの程度まで上がっているのか?というポイントです。

トカゲは変温動物なので活動するため必要な体温に到達するまでは日光に当たったりして暖を取らなければなりません。

当然、餌をとるためには体を動かさなければならないので、選好体温が高めのトカゲに対して、バスキングライトを消灯している時間帯に給餌を行なってもきっと食欲はないでしょう。

以上の2点をチェックしてみても健康なのに食べてくれないようであれば、最終的に考えられる原因はストレスです。

いったい何が原因でトカゲがストレスを感じているのかは、非常にわかりづらい部分ではあるのですが、たとえば身体中にダニがついていて痒いとか、人間の目線が気になって仕方がないとか、食べたいものはその餌じゃないとか、爬虫類は言葉を発することができないので飼育者側に色々な主張ができず、それをストレスに感じているのではないでしょうか。

トカゲの気持ちになったつもりで色々と考えてみてください。

水を飲まない

トカゲは舌をペロペロと出し入れすることによって水を飲むものから、鼻孔ごと水に突っ込んでゴクゴクと飲むもの、水滴を舐めとったものを喉に溜め込んだ後、舌を使って一気に飲み込むものなど、水分補給の仕方もいろいろ。

また、目で見て水を認識するものや、キラキラと水の反射する光を見て認識するもの、水滴が体に付いて初めて認識するものなど、水の在りどころに気づく方法もバラバラです。

水入れを設置していて、そこには常に新鮮な水があったとしてもトカゲが認識していなければ何の意味もないのです。

種類ごとに水の与え方も違いますから、それぞれの方法をキッチリと把握してから飼育に臨みたいものです。



前の記事>>トカゲ飼育の疑問と雑学
次の記事>>餌の栄養価を高めるダスティング


関連記事

  • 餌の栄養価を高めるダスティング

    ダスティングとは日光浴を行う爬虫類などを飼育する際に、餌となるコオロギなどにカルシウム剤をまぶして与える方法です。自然環境下で>>続きを読む


  • トカゲの病気と兆候

    あまり知られていませんが、トカゲも生き物である以上、体調を崩すこともあれば体に異変が現れることもあります。できれば避けたいこと>>続きを読む


  • CBやWCとは

    爬虫類の飼育を始めると聞きなれない専門用語が沢山出てくるはずです。その中の一つでもあるCBやWCについて今回はご説明いたします。>>続きを読む


  • サイテス(CITES)とは

    サイテスとはConvention on International Trade in Endangered Species of wild fauna and floraという条約の頭文字をとって>>続きを読む


  • トカゲの寿命
  • トカゲを飼おうと思えば、もしくはトカゲに興味が出てくると知っておきたい事の一つがトカゲはどのくらい長生きなのかといったトカゲの>>続きを読む