カナヘビの上手な捕まえ方!捕まえやすい場所や時間がある?

※この記事では広告を表示しています。

カナヘビの上手な捕まえ方

カナヘビの捕まえ方は?

カナヘビを捕まえやすい場所は?

カナヘビを捕まえやすい時間はある?

カナヘビは罠で捕まえられる?

こんなカナヘビの捕まえ方に関する疑問についてご紹介いたします。

カナヘビの捕まえ方は?

カナヘビを捕まえる方法は、手で捕まえる方法、カナヘビ釣り、罠を設置する方法などがあり、いずれの方法も慎重かつ迅速に行うことが重要です。

まずは手で捕まえる方法から順にご紹介いたします。

カナヘビを見つけたら、慌てず騒がず静かに観察し、近づくタイミングを見計らいましょう。

距離を詰めたら後方から瞬時に胴体をつかむことがポイントです。

尻尾を掴んでしまうと自切するリスクがあるため、胴体を捕まえるように注意しましょう。

次にカナヘビ釣りについて説明します。

カナヘビ釣りでは、木の棒や虫取り網の柄に糸を結び、糸の先に餌をつけてカナヘビの前に垂らします。

餌に食いついたら、そのまま引き上げて虫かごに入れることができます。

この方法は、カナヘビが逃げにくい場所で効果的です。

また、罠を設置する方法もあります。

これは木箱やプラスチック製の容器に餌を入れ、カナヘビが入りやすいように設置することで、カナヘビを捕まえることができます。

ただし、この方法は成功率が低いとされているため、他の方法を試すことをおすすめします。

カナヘビを捕まえやすい場所は?

カナヘビは日本全国に広く生息している小型の爬虫類で、その生態や特徴から多くの人々に親しまれています。

そのため、カナヘビを捕まえるのに適した場所を知りたいという人も少なくありません。

カナヘビは林や森の中に生息しており、その中でも日当たりの良い場所を好みます。

日光浴が大好きなため、晴れた日にはブロック塀の上や石の上、木の根元など、日の光が当たる場所で姿を見かけることがあります。

このような場所では、カナヘビが潜んでいる可能性が高いため、捕まえる際には注意して探しましょう。

また、民家の庭や公園の草むらもカナヘビが生息する場所としてよく知られています。

特にガーデニングをしている家の庭には、カナヘビがよく現れることが知られており、カナヘビスポットとしては意外と身近な場所に存在していることがわかります。

さらにカナヘビは水辺や湿地にも生息しています。

これらの場所では、カナヘビが餌となる昆虫や小動物を捕食することができるため、生活に適した環境が整っています。

水辺や湿地を訪れる際には、カナヘビが潜んでいる場所を注意深く探すことが重要です。

カナヘビを捕まえやすい時間はある?

カナヘビは晴れた日の昼間に活動することが多いものです。

4月から6月にかけては日が出ている時間帯にずっと活動していることが多く、日光浴や餌を捕るために姿を見せる機会が増えます。

この時期はカナヘビが最も元気で活発に動き回るため、捕まえるチャンスが多くなります。

ただし、7月から9月にかけては暑さのため活動時間が変わります。

特に真夏は暑すぎるとカナヘビが活動を控えるため、午前中の日差しが弱い時間帯に活動することが多くなります。

この時期は日陰が多い林や木陰などを探してみると、カナヘビを見つけやすくなります。

また、カナヘビは寒さに弱いため、朝方の気温が下がる時間帯に動きが鈍くなります。

そのため、朝方にカナヘビを捕まえるのが比較的容易です。

さらにカナヘビは個体によって生息環境や好む場所が異なるため、同じ場所で何度もカナヘビを見かけたり、捕まえたりすることは難しいものです。

そのため、効率的にカナヘビを捕まえるためには、様々な場所や環境を探してみることが重要です。

野生の生き物を捕まえる際には、自然環境を尊重し、生物の生態系や保護に配慮して行動してください。

カナヘビは罠で捕まえられる?

罠を使ってカナヘビを捕まえることは可能ですが、成功率は低いとされています。

ペットボトルを使った罠を設置する方法もありますが、これも効果が限定的です。

ペットボトル罠の作り方は以下の通りです。

ペットボトルを縦半分にカットし、上部を逆さまにして下部にはめ込む。

罠の中にカナヘビが好む餌(例:昆虫)を入れる。

罠をカナヘビが出没すると思われる場所に設置する。

定期的に罠をチェックし、カナヘビが捕まっているか確認する。

罠によっては他の生物が誤って罠にかかってしまうこともあります。

カナヘビの捕まえ方まとめ

  • 手で捕まえる方法、カナヘビ釣り、罠を設置する方法など、カナヘビを捕まえる方法はいくつか存在する。
  • 手で捕まえる場合は胴体を素早く掴むことが重要で尻尾をつかまないように注意する。
  • カナヘビ釣りでは餌をつけた糸をカナヘビの前に垂らし、餌に食いついたら引き上げて虫かごに入る。
  • 朝方の気温が下がる時間帯や涼しい時間帯に捕まえるとカナヘビの動きが鈍くなり捕まえやすくなる。
  • 日当たりの良い林や森の中で日光浴をしているカナヘビに出会えることがある。
  • 民家の庭や公園の草むらはカナヘビが生息する身近な場所でもある。
  • カナヘビは水辺や湿地にも生息しており、捕食に適した環境が整っている。
  • カナヘビは晴れた日の昼間に活動することが多く、特に4月から6月は日が出ている時間帯に活動しやすい。
  • 7月から9月は暑さのため、午前中の日差しが弱い時間帯に活動することが多い。

今回はカナヘビの捕まえ方と捕まえやすい条件についてご紹介しました。皆様のカナヘビ捕獲の参考にしていただけると幸いです。

PR

-カナヘビ飼育
-