二ホンヤモリの飼い方~トカゲ飼育.com

二ホンヤモリの飼い方

   

トカゲ

二ホンヤモリの飼い方

トカゲ飼育.com>>種類別トカゲの飼い方>>二ホンヤモリの飼い方

ヤモリとは

トカゲニホンヤモリの飼い方をご紹介する前にヤモリとはどのような生き物なのか最初に簡単に触れておきましょう。

ヤモリの性質や特徴を知っておくことはヤモリを飼育する為にとても大切な情報であり、飼育のヒントとなることもあります。


ニホンヤモリのことをある程度知っていて、「ヤモリについての話はわかっているよ!」という方は軽く呼び飛ばしてください。

それでは、ヤモリとはどのような生き物なのでしょうか?ヤモリとトカゲは一見似たような姿をしていますが、どのような違いがあるのでしょう。

また、トカゲモドキと呼ばれる種も存在し、さらに話をややこしくしているのかもしれません。もっと話を広げてしまうとイモリとヤモリの違いすら知らない人が多いのも事実のようです。

確かに、彼らに興味がなければ普段の生活で関わることも少ないはずですので、知るすべもないでしょう。

イモリとヤモリの違いになるとヤモリは爬虫類、イモリは両生類と大きなカテゴリーから違ってきますので全く別物と考えるのが正解でしょう。

そこまで話を広げてしまうと話の趣旨から外れてしまいますので、ここでは割愛させていただきます。

それでは本題のヤモリとトカゲではどのような違いがあるのかについて話を進めていきましょう。

身近な環境に野生生物が減ってしまった現代社会においてヤモリそのものを見かけることも少なくなったことは事実でしょう。

一昔前は家屋の壁などに張り付いている小さなトカゲをよく見かけるものでした。壁に張り付き、灯りに集まる昆虫を静かに狙っているトカゲ、それがまさしくヤモリなのです。

ヤモリは人間に対しての害虫を食べてくれる存在であり、「家を守る」という意味合いから家守(ヤモリ)と呼ばれるようになりました。

ヤモリは英語でゲッコウと呼ばれ、トカゲはリザード。一見違った種に思われるでしょうが、ヤモリはトカゲの中の一つのグループに属しており、立派なトカゲの仲間なのです。

トカゲの仲間に属するヤモリにはヤモリ特有の特徴があり、そこが他のトカゲとの大きな違いかもしれません。

まずは大きな目とまぶたです。一般的なトカゲにはまぶたがあり、まばたきをしますが、ヤモリにはまぶたはありません。

そのせいもあり、目がギョロッと大きく見えるのもヤモリの外見的特徴と言えるでしょう。

ただ、ややこしいことにヤモリの仲間にもまぶたがあるものがおり、そのようなヤモリの仲間を総じてトカゲモドキと呼びます。

もう一つの大きな特徴が先にも述べたように、壁に張り付くことのできる特殊な指先の作りでしょう。

家の壁面やガラス面などの垂直な場所によく張り付いているのを見かけますので、いかにも吸盤のような指先を持っているように思われがちですが、ヤモリの指先の構造は吸盤と言うよりもマジックテープのような造りをしています。

指先の微細なささくれのようなものを上手く凹凸に引っ掛けるようにして壁などの垂直な場所にしがみついているのです。

このようなヤモリ特有の特徴と合わせ、飼育のしやすい種類が多いことも手伝ってトカゲの仲間の中でもヤモリは爬虫類飼育初心者の人にも非常に人気の高いトカゲとなっています。

ヤモリの飼い方

まずはヤモリを飼うための容器であるケージ選びですが、ニホンヤモリの場合、ニホントカゲやニホンカナヘビと違い、夜行性ですので昼間の日光浴などは必要ありません。

よってバスキングスポットやそれに付随するケージ内の温度勾配などを考える必要もないので比較的小さなケージでも育てることができます。

さらにニホンヤモリは地表を活発的に動き回るというよりも壁面に張り付いて生活していることが多いトカゲですので高さを意識したケージを選ぶとさらに良いでしょう。

市販の前面スライド式のケージの場合、小型種だとガラスの合わせ面から脱走することもありますのでプラケースを使うのが無難です。

照明器具の必要性

爬虫類を飼育する際に照明器具はある意味必需品とされていますが、照明器具を設置する理由と効果をしっかり理解し、ヤモリ飼育において設置を検討すると良いでしょう。

照明器具を設置する理由には大きく分けて3つあり、その一つ目は鑑賞効果を高めることです。

飼育者が日々の観察をしたり、インテリア性を高めるための目的に効果を発揮します。

二つ目は室内飼育では不足しがちな紫外線を含む波長の光を照明器具によって補う目的に使用されます。

紫外線のうちUVBと呼ばれる波長域はビタミンDの体内生成を促し、飼育環境下では不足しがちなカルシウムの吸収を促進させるために必要とされています。

昼行性の爬虫類の場合、カルシウム吸収のメカニズムはこのビタミンDの体内生成が主軸となっているため、紫外線を含まない観賞用の蛍光灯や照明器具無しでの飼育環境下では健康的に成長することができません。

ただ、ニホンヤモリのような夜行性の爬虫類の場合には紫外線要求量が極端に低く、このような照明器具が無くても育てることができます。

また、紫外線にはUVAと呼ばれる波長域も含まれ、これは脱皮などの代謝を促進すると言われていますが、やはり昼行性のトカゲは要求量が多くなります。

通常観賞用に市販されている照明器具は紫外線を出すものではありませんので、紫外線を必要とするトカゲを飼育する際には紫外線照射用のライトを設置する必要があります。

三つ目の目的は規則正しい点灯により、自然界における朝と夜を再現することです。全ての生き物は日が昇ることにより朝を認識し、暗くなることで夜を認識します。

この規則正しい自然のサイクルが生物の体内時計を正常に機能させて健康を維持しています。

ニホンヤモリを飼育する際、これらの目的のうち紫外線については他の爬虫類を飼育する場合ほど重要ではありません。

よって紫外線を含む波長域は必需ではないので通常観賞用や植物育成用の蛍光灯などを使用すれば良いでしょう。

体内時計を安定させる目的だけであれば部屋の明かりや窓などからの自然光をうまく取り入れれば照明器具自体設置しなくても問題ありません。

床材

床材とは飼育容器内に地面を作るための材料です。ニホンヤモリは地表を這いずるタイプのトカゲではないのであまり必要ではないようにおもわれますが、床材には飼育容器内の湿度を保つ効果もあるため入れてあげることをお勧めします。

床材には保水効果のある腐葉土やヤシガラ土、黒土、ミズゴケなど色々なものが利用できますが、これらのうち何種類かをブレンドした爬虫類用の床材も市販されていますのでそのようなものを利用するのも良いでしょう。

レイアウトと隠れ家

飼育容器内にレイアウトを施すことは、ヤモリの隠れ家や足場を作るために非常に重要なことです。

夜行性のニホンヤモリは昼間は隠れ家の陰で身を潜めていることが多いもので、隠れ家を設置していないと落ち着かないようで場合によってはストレスで状態を崩してしまうものもいるほどです。

隠れ家に使用するものは隠れられる隙間ができるものであればなんでもよく、市販のシェルターから観賞魚用の土管、石や流木、コルクボードや観葉植物など様々です。

コルクボードなどは容器内に立てかけてあげることでヤモリの足場となりますので特におすすめです。

ヤモリの餌

基本的にヤモリは昆虫類やクモ類を中心としたものを主食としており、草木などの植物を中心とした食生活を送るものはいません。

よって飼育環境下での餌やりでは爬虫類の餌として市販されている餌用昆虫を与えると良いでしょう。

近所で捕まえてきた昆虫などを与えてもかまわないのですが、定期的に採集し続けるのはかなりの労力を要するうえに、寄生虫を持ち込む可能性もないわけではないことなどを考えるとやはり市販の昆虫を与える方が現実的です。



前の記事>>二ホンカナヘビの飼い方
次の記事>>フトアゴヒゲトカゲの飼い方


関連記事

  • 初心者でも飼いやすいトカゲ

    初心者でも飼いやすいトカゲの定義とは何かと考えると意外と難しいものでちょっと考えただけでもさまざまな要因が挙げられます。あまり>>続きを読む


  • 二ホントカゲの飼い方

    ニホントカゲの子供(幼体時)はツヤツヤした黒地に金色の線が入り、尾にかけて明るいブルーに染まる非常に美しいトカゲです。ニホントカ>>続きを読む


  • 二ホンカナヘビの飼い方

    ニホンカナヘビは日本国内でもちょっとした自然の残った場所ならば見かけることの多いトカゲです。それだけ日本の気候的環境に順応して>>続きを読む


  • フトアゴヒゲトカゲの飼い方

    フトアゴヒゲトカゲは多くの人が「ワイルドなトカゲ」とはこのようなスタイルのトカゲであると共感できるような姿をした非常に人気の高>>続きを読む


  • ヒョウモントカゲモドキの飼い方

    ヒョウモントカゲモドキは英名のレオパードゲッコウからとられた「レオパ」の愛称で呼ばれることの多いトカゲで、丈夫で飼育が容易なう>>続きを読む


  • ウォータードラゴンの飼い方

    通常のウォータードラゴンはインドネシアから入荷するものが多いですが、分布域が広く、中国から入荷するものはクワンシーと呼ばれイン>>続きを読む


  • エボシカメレオンの飼い方
  • エボシカメレオンは平安時代の貴族がかぶっていた烏帽子(えぼし)に似た頭部をしていることからそのような名前になったとされています。>>続きを読む