餌の栄養価を高めるダスティング~トカゲ飼育.com

餌の栄養価を高めるダスティング

   

トカゲ

餌の栄養価を高めるダスティング

トカゲ飼育.com>>トカゲ飼育の疑問と雑学>>餌の栄養価を高めるダスティング

トカゲダスティングとは日光浴を行う爬虫類などを飼育する際に、餌となるコオロギなどにカルシウム剤をまぶして与える方法です。

自然環境下では色々な餌を食べることによって自然と保たれている栄養バランスも飼育下ではどうしても偏り気味、もしくは不足気味になってしまうものです。


爬虫類の日光浴不足やカルシウム不足はクル病などの病気を招いてしまう要因となるため、飼育者が適切な飼育方法で栄養バランスを保ってあげなければなりません。

ダスティングの方法に特に決まりはなく、ショップでコオロギなどを入れてくれるカップなどの容器にカルシウム剤とコオロギを一緒に入れて振る方法やカルシウム剤をビニール袋に適量入れて、そこにコオロギを使うぶんだけ放して振る方法などが一般的です。

この場合、余ったカルシウム剤は袋ごと捨ててしまいます。

実際、余った分を捨てるというのは良い方法で、特にミネラルやビタミンを含んだカルシウム剤は常温で放置すると劣化してしまいます。

普段は冷蔵庫に入れておき、使う分だけ出し、余った分は捨てることで常に新鮮なカルシウム剤を使うことができます。

野菜や肉片に振りかける時、野菜の場合は1箇所に集中的にかけるとそこが食べ残された場合意味がないので、まんべんなく混ぜるようにかけましょう。

肉片は普通一口大に切って与えるでしょうから、その一つ一つに適量がかかっていれば問題ありません。

いずれの場合もいくら排泄されるからといって、むやみにかけても意味がないどころか逆効果になる場合があります。

純然たるカルシウムだけのものは良いのですが、ビタミンやミネラルが含まれているものは、そちらが過剰摂取になる可能性があるからです。

ガットローディング

ダスティングはその場でカルシウム剤などを餌となる昆虫にまぶす方法ですが、ビタミンなどをまず昆虫に与えて栄養価を高め、その昆虫を生体に与える方法をガットローディングと呼びます。

これは、昨今アメリカなどで爬虫類のビタミン過剰摂取が問題となり、直接与えるのではなく、より安全に間接的に与えようという考えのもとにすすめられているものです。

難しく考える必要はなく、普段から餌としてストックしてあるコオロギやジャイアントミルワームなどにきちんと餌を与えている人は、そこにビタミン剤をプラスするだけでいいのです。

ストックしている餌昆虫にきちんと餌を与えていないと、その昆虫達は短期間で体内の栄養を使い果たし、栄養価が下がってしまいます。

場合によっては入れてある新聞紙などを食べており、それが間接的に飼育動物に入ってしまうこともあるのです。

まずは餌にも餌を与える。餌も栄養を強化してから与えるということを習慣にすると良いでしょう。



前の記事>>トカゲが餌を食べない・水を飲まない
次の記事>>トカゲの病気と兆候


関連記事

  • 餌を食べない・水を飲まない

    トカゲが餌を食べなくなるときには、何かしらのの理由があります。まずはトカゲをしっかり観察してその原因をつきとめましょう。考えら>>続きを読む


  • トカゲの病気と兆候

    あまり知られていませんが、トカゲも生き物である以上、体調を崩すこともあれば体に異変が現れることもあります。できれば避けたいこと>>続きを読む


  • CBやWCとは

    爬虫類の飼育を始めると聞きなれない専門用語が沢山出てくるはずです。その中の一つでもあるCBやWCについて今回はご説明いたします。>>続きを読む


  • サイテス(CITES)とは

    サイテスとはConvention on International Trade in Endangered Species of wild fauna and floraという条約の頭文字をとって>>続きを読む


  • トカゲの寿命
  • トカゲを飼おうと思えば、もしくはトカゲに興味が出てくると知っておきたい事の一つがトカゲはどのくらい長生きなのかといったトカゲの>>続きを読む