サイテス(CITES)とは~トカゲ飼育.com

サイテス(CITES)とは

   

トカゲ

サイテス(CITES)とは

トカゲ飼育.com>>トカゲ飼育の疑問と雑学>>サイテス(CITES)とは

トカゲサイテスとはConvention on International Trade in Endangered Species of wild fauna and floraという条約の頭文字をとってCITES(サイテス)と呼ばれ、野生動植物の輸出入を規制する条約で国際取引にのみ関わってくるものです。


日本語に直訳すると絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約となり、通常日本ではワシントン条約として認知されています。

サイテスは対象となる野生動植物を大きく三つのランクに分けており、それぞれのランクによって規制内容に違いはありますが、ペットとして流通している動植物でも該当種であるものも少なくはありません。

もちろん、爬虫類の仲間でもサイテス該当種は多く、商業取引ではなく趣味として爬虫類を扱う立場であっても条約の内容を軽く把握しておくことは必要な知識と言えるでしょう。

サイテス該当種はCITES Ⅰ類・Ⅱ類・Ⅲ類という項目に区分けされ、すでに絶滅の危機にあると認定されているⅠ類の動植物は原則として国際商取引を禁じられている為、個人レベルで飼育するものではありません。

Ⅱ類はペットとして流通する爬虫類の中でかなりの割合を占めており、たとえばリクガメ科全種類、ボア科全種類、トゲオアガマ属全種類、オオトカゲ属全種類、カメレオン属全種類等、大きなグループ全体で規制されていることが多いので、ペットとして流通するものの中にも数多くのⅡ類が含まれています。

このグループは、規制をかけないと絶滅の恐れがあると認定された動植物で、輸出国の許可書がなければ輸入できません。

Ⅲ類は輸出国政府が自国の動植物を守るために国際的な協力を求めている種で、これらも輸出国の許可書がなければ輸入できません。

サイテスは国際取引に関する規制ですので海外より輸入されたものを国内で購入する分には該当しませんが、CITES Ⅰ類 に区分けされている動植物は日本国内でも種の保存法と呼ばれる国内法に抵触する為、商取引には国内法の規制がかかります。

そのため密輸入で問題視されるのはCITES Ⅰ類の生き物であることが多く、密輸大国と謳われる日本では近年でも大量の該当種が押収されており、それは国際的にみても恥ずべき行為であると言わざるを得ません。

手に入れにくいものをコレクションしたいというマニア心を理解できないでもないのですが、爬虫類という巨大なグループの中を見渡せば、CITES非該当種でも充分な魅力を持った種がたくさんいるのは紛れも無い事実です。

生き物の持つ魅力というものは珍しいからとか高価だからとか、そういう価値的な部分ではないところにあると思いたいものです。



前の記事>>CBやWCとは
次の記事>>トカゲの寿命


関連記事

  • 餌を食べない・水を飲まない

    トカゲが餌を食べなくなるときには、何かしらのの理由があります。まずはトカゲをしっかり観察してその原因をつきとめましょう。考えら>>続きを読む


  • 餌の栄養価を高めるダスティング

    ダスティングとは日光浴を行う爬虫類などを飼育する際に、餌となるコオロギなどにカルシウム剤をまぶして与える方法です。自然環境下で>>続きを読む


  • トカゲの病気と兆候

    あまり知られていませんが、トカゲも生き物である以上、体調を崩すこともあれば体に異変が現れることもあります。できれば避けたいこと>>続きを読む


  • CBやWCとは

    爬虫類の飼育を始めると聞きなれない専門用語が沢山出てくるはずです。その中の一つでもあるCBやWCについて今回はご説明いたします。>>続きを読む


  • トカゲの寿命
  • トカゲを飼おうと思えば、もしくはトカゲに興味が出てくると知っておきたい事の一つがトカゲはどのくらい長生きなのかといったトカゲの>>続きを読む