エボシカメレオンの飼い方~トカゲ飼育.com

エボシカメレオンの飼い方

   

トカゲ

エボシカメレオンの飼い方

トカゲ飼育.com>>種類別トカゲの飼い方>>エボシカメレオンの飼い方

トカゲエボシカメレオンは平安時代の貴族がかぶっていた烏帽子(えぼし)に似た頭部をしていることからそのような名前になったとされています。

カメレオンの仲間の中でも極めて丈夫で、葉野菜や果物などの植物質も摂ることから、初めて日本に入ってきた頃はカメレオンの革命児と呼ばれていました。


エボシカメレオンは丈夫なカメレオンですので大きめのケージさえ用意できれば初心者でも飼いやすいトカゲと言えるでしょう。

逆に小さなケージでの飼育は上級者でも難しいとされています。

その理由は体温維持の為のバスキングランプの設置とカメレオン特有の空間認識能力の高さに関係していると言われています。

カメレオンは他のトカゲ以上に狭い空間にストレスを感じるらしく、狭いケージで飼育しているカメレオンはそのストレスで体調を崩してしまうこともあるほどです。

また、狭いケージで小さなバスキングランプを用いた際に起こりやすいのがバスキングランプによる火傷です。

これは選好体温を維持するためにバスキングランプに長時間あたっていたり、近づき過ぎた時に起こるもので本種の特徴でもあるトサカをバスキングランプで火傷してしまうケースも少なくないようです。

トサカだけでなく、背中や手足を火傷してしまう個体も多く、そこから化膿して死んでしまうものもいるので注意が必要です。

そのような理由からケージは余裕のあるものを用意して、遠赤外線ヒーターなどで全体保温をしながらバスキングランプで局所的に高温部を作り出すようにするのが理想です。

エボシカメレオンのオスはメスより大きくなり、最大で50cmくらいまで成長しますが、逆にメスは最大でも40cmくらいまでしかならないため大きなケージを用意できないのであればメスを選んで飼育するのも一つの方法です。

エボシカメレオンの餌

エボシカメレオンはカメレオンの仲間の中では珍しく、葉野菜や果物も食べますがあくまでも主食はコオロギなどの昆虫食です。

葉野菜や果物は必ず与えるべきものでもないようですが、オヤツ程度に与えると良いかもしれません。

ジャイアントミルワームなどを食べるだけ与えていると肥満個体になってしまうため、コオロギを主食としてたまにジャイアントミルワームなどを与えるようにします。

また、成長期を除いてある程度育った個体は餌を与える頻度や量を控えめにしたほうが状態良く育てることができます。

飲み水と水容器

カメレオンの中でも稀に水容器から水を飲む個体もいますが、基本的には動きのない水は気がつかないと思ってください。

水容器を設置しているのに脱水状態に陥るものも少なくなく、水分不足になると舌の粘度が低下し、餌が舌にくっつきにくくなるため、餌をとるのが下手になったように感じたら水不足かもしれません。

そのような時はドリップ式のもので与えるか、毎日の霧吹きで水分補給をするようにしましょう。



前の記事>>ウォータードラゴンの飼い方
次の記事>>トカゲ飼育の疑問と雑学


関連記事

  • 初心者でも飼いやすいトカゲ

    初心者でも飼いやすいトカゲの定義とは何かと考えると意外と難しいものでちょっと考えただけでもさまざまな要因が挙げられます。あまり>>続きを読む


  • 二ホントカゲの飼い方

    ニホントカゲの子供(幼体時)はツヤツヤした黒地に金色の線が入り、尾にかけて明るいブルーに染まる非常に美しいトカゲです。ニホントカ>>続きを読む


  • 二ホンカナヘビの飼い方

    ニホンカナヘビは日本国内でもちょっとした自然の残った場所ならば見かけることの多いトカゲです。それだけ日本の気候的環境に順応して>>続きを読む


  • 二ホンヤモリの飼い方

    ニホンヤモリの飼い方をご紹介する前にヤモリとはどのような生き物なのか最初に簡単に触れておきましょう。ヤモリの性質や特徴を知って>>続きを読む


  • フトアゴヒゲトカゲの飼い方

    フトアゴヒゲトカゲは多くの人が「ワイルドなトカゲ」とはこのようなスタイルのトカゲであると共感できるような姿をした非常に人気の高>>続きを読む


  • ヒョウモントカゲモドキの飼い方

    ヒョウモントカゲモドキは英名のレオパードゲッコウからとられた「レオパ」の愛称で呼ばれることの多いトカゲで、丈夫で飼育が容易なう>>続きを読む


  • ウォータードラゴンの飼い方
  • 通常のウォータードラゴンはインドネシアから入荷するものが多いですが、分布域が広く、中国から入荷するものはクワンシーと呼ばれイン>>続きを読む